スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みどりのぶどう

5日は、幼稚園で作品展がありました


子どもが描いた、それぞれの絵。


とっても素敵で、ほんわかした気分を味わえました。



ゆのが描いたのは・・・


ぶどうをたべたよ

『みどりのぶどう』


左上に描かれてるのが、ゆの。

右上が、おとうさん。

その間にあるのが、お皿にのったぶどう。


絵具でたくさん描いた、緑のぶどうは、一つずつ全部色が微妙に違うらしい。


先生が「ゆのちゃんは、たくさん描いたぶどうの中でも、この真ん中の緑色が気に入ってるそうです

と、教えてくれました。




作品展


入園するまで、家であまりお絵描きをしない子だったから、母の日や父の日や敬老の日に描いた絵を見た時も、親バカながら「こんな風に描けるようになったんだ」と感動したもの。


でも、今回の絵を見た時は更に感動。

だってね、


「みどりのぶどうが好きだから、ぶどうを描いたこと」


「お父さんと食べているところ」


「クレヨンと絵具を選んで使ったこと」(他にも、色鉛筆や水性ペンやコンテなどが道具としてあった。)


「色を混ぜていろんな緑色を塗ったこと」


この絵から、絵がうまくなったとかそういうことだけじゃなく、たくさんの成長を感じることができたの。



絵が入ってる額縁は、お父さんが作ったもの。


ホームセンターで買った板をサイズ通り切ってもらって、白いペンキで塗って接着して完成。


初めは「何て面倒な!!」と思ったけれど、我が子が描いた絵に収まってる姿を見たら、「作って良かったなぁ」と実感。

作ったのはダンナさんだけど(笑)



いえ



年少さんみんなで作った『みんなのいえ』


これを作成した日は、鼻に白い水性ペンキをつけた帰ってきてた


「今日は、おとうさんとおかあさんとソウの家を作ったんだよ~!」って話してたっけ





つみき


別館には、こーーんなにたくさんの積み木でできた作品もあって、びっくり。

年中さんが作ったのかな?


近づいただけで、なんだか崩れてしまいそうな感じでドキドキしたよ。



年少さんも年中さんも年長さんも、当たり前だけど、みんなそれぞれ個性ある絵を描いてた。

子どもってすごいな~、って本当に思った。


幼稚園って色々な行事があるけど、その都度、私に感動を与えてくれるよ。

次は、音楽会


楽しみにしてます!

スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。