スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陣痛~出産まで。

出産レポです。


かなり長いので、閉じます!

陣痛がきたのが、12日の午前2時頃。

痛みで目が覚めました。

我慢できない痛みではないものの、痛みが来ると、息を吐いて痛み逃しをしていました。

間隔は7分から10分。

今日中に産まれる気がしたのでとりあえず彼に送るメールを作成。


「陣痛きたっぽい。朝イチの新幹線乗って来てください

2時半頃作って、送ったのは4時半。

意外に即返信があってびっくり。

7時頃の新幹線に乗って、病院に来てくれたのは11時頃でした。


その日は10時半から検診予約をしていたけれど、それよりも早く病院到着。

外来受付で7分間隔で陣痛があることを告げると、2階に案内されました。

でもなぜか、ここで弱まった陣痛…。

助産師さんにも「まだまだ余裕そうだね」と言われ、自分でもそう思いました


とりあえずお腹に機械をつなげて?張りなどをチェック。

あと内診。


助産師さんいわく、

「3日前よりだいぶ頭は下がってるものの、まだまだかなぁ…」と。

そして、

「陣痛が強まるのは夜、早くても夕方かな…。
家に帰って陣痛強まるの待ってもいいし、このまま入院してもいいし、どうする?」と。

正直入院したかったけど(早く産みたかった)、家に帰ってもいいって言われるとまだまだ産まれるまでに時間かかるのかぁと思ったら、どっちがいいのかわからなくなって。

もう誰か決めてくれ!状態

結局その後の先生との話の中で、

「予定日過ぎてるし入院しよか」

と言われ、入院が決まりました。


部屋に案内されて着替えを終えた時点で、彼到着。

ゆのは、1ヶ月ぶりのお父さんとの再会に喜ぶのもつかの間、おばあちゃんに連れられ家に帰りました

泣きはしないものの、やはり嫌がったから

「アンパンマンのDVD借りて帰ろう!」

「アピタでお菓子買おう!」

と釣られてね


ゆの達が帰り、彼と二人、部屋にいると、不思議なことにどんどんお腹が痛くなってきました。

さっきの余裕はどこへやら?

痛みでベッドに座ったままうずくまり。

ちょうどお昼ご飯を運んできてくれたけれど、痛みでほとんど食べられませんでした。

すっごく美味しそうだったし、今後の出産に向けて力をつけなきゃと思いつつも


その後助産師さんが様子を見に来てくれ、

「さっきと全然表情違うね~!痛み強くなってきた?じゃあもう一度機械つけてみようか!」


ということで、分娩室へ…。

時刻は13時すぎ


明らかに痛みが強くなって張りもきているものの、子宮口は2センチ位しか開いておらず

そのまま内診されていると、まさかの破水


破水すると、お産も早まるかもと聞き、痛いながらも希望がわきました

だってゆの出産の時は本当に陣痛が長くて長くて辛くて辛くて

今回もそれを覚悟していたけれど、少しでも早く産めるならラッキーだ!と思って。


破水後はさらに陣痛が強く、間隔も短くなっていきました。


何度も襲ってくる痛みを「フーッ、フーッ」と息を吐くことで少しでも和らげつつ、気が狂いそうな痛みからくる怒り?なのか何なのか、それをぶつける相手は右手を握る彼。

思いっきり握ったその手を押すことで、私は痛みに耐え、いきむ時もそうしていました。

そうしているうちに、子宮口も開き、いきみたい感覚に。

助産師さんのリードとともに、陣痛がくる度にいきみを繰り返し。

「もういきまなくていいよ!力抜いて。フーッだよ!フーッ!」
と言われても、力が入る。


「手を胸の上に置いて力抜いてー」

と言われ、やっとの思いで左手を離しました。

なんかね、手を離すと痛みに負けそうな気がして、すごい力で台に付いてた握り棒?みたいなのを掴んでたの。


それからどのくらい経ったかよく覚えてないけど、赤ちゃんが出てきました



「やっと会えた~」

と思う気持ちが強くて、まず口から出た言葉は、

「あぁ~赤ちゃんだ~。」
でした(笑)

そしてそして、愛おしさをすごーく感じました



今回、助産師さんがとても素敵な方で、赤ちゃんを取り上げてくれたのが、この助産師さんで本当によかったです。

お産中、とにかく褒めて励ましてくれる人でした。

「上手だね~!本当に上手! 」

と呼吸の仕方だったり、いきみ方だったりを褒められ、単純に頑張ろうと思えた私。

人間、褒められると頑張れるもので(笑)


あと、気持ちを赤ちゃんに持っていくことができたのも大きかったです。

「赤ちゃんもがんばってる。」

と思うことで気が紛れた面が多々ありました。



母子手帳に書かれた分娩時間は、13時間ちょっと(入院からは5時間半)で、ゆのの時(32時間)に比べたらだいぶ早かったお産でした。


とにかく、無事に産まれてくれて本当によかった!


ここまでの長文、お付き合いありがとうございました!
スポンサーサイト

Comment

No title

なんか読んでるだけでじ~んとしちゃった!ほんとに陣痛の時はいつ終わるかの闘いだけど終わってしまえばあっけないよね、、、。
でもあの内診だけはやっぱり今でもこわ~い!

2010.12.05 (Sun) | ようちゃん #- | URL | Edit

No title

産まれてくるまでの奇跡だね~~★
本当に出産エピソードは読んでるだけで涙が出そう!
本当に本当に無事産まれてきてくれて良かった~。

前記事のソウ君。かわいいーーーー!!
髪の毛ふさふさなのはゆのちゃん似なんだね。
うちもフサフサだったからビックリしたよ。

さーさんの体も休めつつ、育児頑張ってね。
わざわざコメ返ありがとうね~。

2010.12.05 (Sun) | ホッシー #- | URL | Edit

No title

なんだか自分のことのように、読みふけってしまいました。
いい助産師さんと出会えてよかったですねぇ。
結構、どんな助産師さんかも出産のときに大きかったりしますよね。
「赤ちゃんもがんばってる」
確かにそうですよね。
私も、その言葉を胸に頑張って出産に挑みます~~!
素敵なレポありがとうございました☆

2010.12.10 (Fri) | みかん #- | URL | Edit

ようちゃんへ

そうそう、陣痛中なんていつまでこの痛みに耐えなきゃいけないの~と気が遠くなりそうなのに、終わってみたらまさしくあっけない…。
ゆのを産んでから陣痛の痛みも忘れてたけど、陣痛中の内診の痛みはもっと忘れてました!
あんなに痛かったなんて~!
もう二度と嫌(笑)

2010.12.14 (Tue) | さー #- | URL | Edit

ホッシーさんへ

痛みとともに詳しい出産エピソードも忘れてしまいそうだから、こうやって書き残せるブログっていいですね!
って論点ずれてる(笑)?

髪の毛…今の時点で、切ったほうがいい?とか思うくらいふさふさ…。
女の子は伸ばしっぱなしでいいけど男の子はそうもいかないですよね~(>_<)

優しいメッセージありがとうございます♪
お互い風邪ひかないように育児がんばりましょ~!

2010.12.14 (Tue) | さー #- | URL | Edit

みかんさんへ

出産て、助産師さん次第な面もあるよな~と今回の出産で思いました。
進み具合とか。
もちろん自分次第ってことが一番大きいのだけれど。
そう思ったら、いい助産師さんに出会えて本当によかったと感謝しました。

みかんさんももう少しですね!
お腹の赤ちゃんと一緒にがんばってーーi-234

2010.12.14 (Tue) | さー #- | URL | Edit

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。