スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆの5歳記念旅行~海響館・萩ガラス~

ずいぶんと、時間が経ってしまったけれど、3月の旅行のことをここで


毎年、子どもの誕生日を記念して旅行をしています。


ゆのの5歳の誕生日は、山口県下関市と萩市を訪れました



S1.jpg


まずは海響館


水族館初めてのソウは、終始興奮気味。


SS1.jpg


イワシのトルネード。


こちらのイワシさんたちは、やる気全開でぐるぐる回ってたよ。



その後、がんばってますか?

名古屋港水族館のイワシさん・・・


SS3.jpg


ペンギン、たくさんいたよ。

それぞれに名前がついていて、飼育員さんはペンギンの顔みただけで、名前がわかるって言ってた!



SS2.jpg


海響館を途中で出て、近くの施設でお寿司食べた

100円寿司しか行かない私たちは、同じ廻るでも、高価なお皿にびびって、思いっきり食べられなかった。。。

でもいいの、美味しかったから。


食べ終わったらまた海響館戻って、ぐるり観賞。

意外と時間つぶせるのね。



この日はその後、口コミで気になっていた「一の俣温泉」というところで一泊


この温泉、美肌の湯と呼ばれ、にっぽんの温泉100選に選ばれたそうな。


とろとろの湯、最高だった。

また行きたいな。



S4.jpg


次の日は、角島(つのしま)までドライブ。


あいにくの曇り空で、景色は少々残念だったけど、角島大橋を渡りながら見る海は本当にきれいだった!


S3.jpg


浜辺で貝殻探したり、波打ち際まで行ったり、少し遊んだ。

寒かったから?ソウのテンションはかなり低かったよー


そして角島を後にし、萩まで出発。

3年半前に行った以来の萩。

今回は、城下町などはスルーで。

SS5.jpg


笠山という日本一低い火山と言われている山で、椿まつりが開催中だったので行ってみました。


ウワサでは、椿の花が地面一面に落ち、赤いじゅうたんのようだと聞いたんですが…。

写真のような感じでした。


まだ早かったのかな?

それとも遅かったのかな?


SS4.jpg


でも、山道にたくさん生えている椿は、初めて見る高さだったり、種類だったりで、見ることが出来て良かった


その後、萩ガラス工房で、萩ガラスを買って帰りました。


萩って、萩焼だけじゃないらしい。


かの高杉晋作も使用していたという。

時間がある方は、こちらを見てみてね。


テレビで、萩ガラスの特集番組を見て、緑色の玄武岩ガラスとか、内ひび貫入りガラスとか、萩ガラスならではの特徴に、心惹かれたのです。


実は今回の旅行で、萩ガラスを買いに行きたくて萩に行ったと言っても過言ではない


そんなこんなで、ゆのの5歳記念旅行の記録でした~



スポンサーサイト

河津桜

1_20130320231410.jpg


温泉旅行の帰り、萩に立ち寄って偶然満開の河津桜に出会いました。


ピンク色の花がほんとうに美しくて、惚れ惚れしました。



2_20130320231412.jpg


温泉旅行の話はまた今度・・・

下関

10日は、下関にお寿司を食べに行ってきました


連休中日だったからか、すごい人出


駐車場入るための渋滞も凄かったし、唐戸市場内も大混雑でした。

たくさんのお店が、お寿司やふぐ料理などを売り、好きなものをテイクアウトして食べる感じ。





私たちも、お寿司やふぐ汁、ふぐコロッケなどを買って、海を見ながら食べました。


大きな平目のお寿司





ウニも美味しかった~

食べ終わっては、もっと食べたい!となり、4回くらい買いに行ったかも。







デザートはソフトクリーム

写真は、ウニソフト!

冒険心で買ってみたら、意外や意外。

なかなか美味しかったよ

知らずに食べたゆのは、とうもろこしの味がするって言ってたなぁ





お寿司とアイスを食べに行っただけだったけど、贅沢な旅となりました

車で帰省

そういえば、今回の夏の帰省は初の試みが二つありました。


一つは、名古屋までの行きの新幹線を、ゆのとソウと私の3人で乗るということ

これがなかなか当日まで不安で、本当に3人で3時間弱の新幹線の旅を乗り切れるのかどうか、乗ってる最中もドキドキでした~

結果的には、無事に名古屋に着いて一安心だったんだけれども

お菓子とおんぶ紐のおかげかな

あとは発車時刻をソウの昼寝の時間とかぶせたので、最後1時間だけだけどソウが寝てくれたから助かった。


10月初旬に、友だちの結婚式出席するのでその時にまた3人旅…

がんばる。。。



1_20120906141132.jpg


そしてもう一つの初試みは、お盆明け帰りを車ですること

帰省費用削減と、ダンナさんが「車で帰ってみたい」との希望があったため。


行きは、私たちは先に実家に帰っていたので、ダンナさんが仕事が終わった翌日、一人で車で帰ってきました。

深夜2時に家を出て、途中何回か休憩、大阪辺りで一度軽く渋滞、三重のダンナ実家に着いたのは午前11時くらいでした


で、帰りは愛知の私の実家を夜8時ごろ出て、翌朝4時ごろ自宅に着きました。


ゆのとソウは、車で寝ること前提で、ご飯食べてお風呂入ってパジャマで乗車。

私もパジャマじゃないものの、すっぴんメガネ。

寝るつもりはなかったけど、やはり深夜1時ごろから睡魔が

ダンナ氏、ごめん。


ゆのたちも10時ごろまで起きてたけど、その後は寝ました。

でも、ソウは深夜2時半ごろ覚醒

4時ごろ家に着いたらさらにテンションUPで、懐かしい自分のおもちゃで遊びだしました

私もダンナさんも眠くて眠くて、いつのまにか就寝。

気づいたらソウも隣で寝てた


約8時間の運転、運転手も、乗ってる方もハードだけど、お金が節約できたのは大きい。

冬はたぶん雪の関係で新幹線での帰省になるだろうけど、来夏はまた車で帰るかな~?


とにもかくにも、おつかれさま、ダンナ!

ソウ1歳記念旅行~高知・愛媛②~

桂浜を出ること1時間くらい。

目的地の、高知アンパンマンミュージアムに着きました。



打倒!

「アンパンマン、助太刀するよ!」


ここは、すごく山の中にあって、名古屋のアンパンマンミュージアムとは一味違った感じ。

「美術館」ぽさがとてもあって、私は気に入りました。


絵のまえ


ゆのは、たくさん飾られた絵の中で、これが一番スキと言ってた。

夕焼け空の中をみんなで飛んでるんだったかな。




うめこちゃん


こういうのもあったり。


みかん


ミュージアムの前は、原っぱになっていて、遊具もあり、椅子やテーブルもありました

道の駅がすぐ目の前にあって、そこで買ったみかんがめちゃめちゃ美味しかった~!


たっぷり遊んだから、この後道後温泉に向かう車中で二人とも寝てくれた助かりました



道後温泉

初めて行った道後温泉

本館には入らなかったけど。


旅館の温泉には、まずは私がゆのとソウを連れて入り、二人の体を洗って、温泉に浸かって一度出ました。

で、夕食後にダンナさんに二人を見てもらってる間に、もう一回入りました。


次の日の朝も、二人が寝ている間に、夫婦交代で温泉に入りました~。

朝の露天風呂、最高



泊まった旅館のお料理が美味しくて美味しくて

鯛のしゃぶしゃぶとか、お刺身とか、釜飯とか、鯛づくしで、本当によかった!


ゆのも取りわけで色々食べられて、お腹一杯になりました。




一六タルト


次の朝は、お土産屋さんを回って、一六タルトをほお張るゆの。

けっこう寒くて、私のストールをゆのの首にぐるぐる巻いたわ。



時間の関係で、どこ行くにも微妙だったため、松山駅前の高島屋へ行くことにしました。

旅館から、観覧車が見えて、仲居さんに聞いたら高島屋の屋上にあると教えてもらったので、乗りにね。



デパート屋上




でもいざ行くと、「乗らない」と言うゆの


というわけで、屋上の遊園地で遊びました。


ソウがすっごく楽しそうで、よちよち歩いたり、遊具のボタンやハンドルに夢中になったりと可愛さ満点でした



ソウ


そろそろ帰らなきゃいけない時間になったので、地下にあるぐるぐる回るお菓子売り場にゆのを誘導


お昼を買って、帰りの車中で食べながら高速乗りました。


なぜか『地雷也』の天むすのお店があって、嬉しくなって久しぶりに天むす食べました


家に着くまで、寝たり起きたり、ぐずったり、色々大変だったけど、やっぱ旅行は楽しい!

でも、小さいうちは、車中片道3時間が限度かな~。

5時間超えると、親子とも辛い



なにはともあれ、ソウの1歳の記念旅行、いい思い出ができました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。